渋谷のパーソナルトレーニングジムととのえて、からだ。

渋谷区パーソナルトレーニング専門プライベートジムのトレーナー

減塩の必要ってあるの?塩分摂りすぎと言われたあなたに。

   

EnF7DhHROS8OMEp2pCkx_Dufer food overhead hig res

減塩が非常にブームになっていますね?「高血圧=塩の摂りすぎ」などと言われるほど、塩が悪者扱いされていますが、本当でしょうか?

塩を摂ると色んな症状や病気が出ると言います。下痢になったりむくみが出たり頭痛になったり、太ることも?!

そんなそんな。塩は悪者なんかではありません。しっかりと塩を選ぶことでむしろ、私たちに快適な生活をもたらしてくれますよ。

今回は塩のこと、紹介をしていきたいと思います。

塩をしっかり選んでいますか?

salt

減塩減塩と騒がれていますが、塩自体は何も悪くはありません。私は普段から、お水にひとつまみのお塩を入れているくらいですからね。かなり意識して補給しています。

それは他でもない健康のためです。

ただここでの「塩」というのは「食塩」ではありません。天然塩と言われる、自然からのお塩のことです。

食塩は精製過程で薬品膜を通し、塩化ナトリウムだけを抽出します。

すると、天然塩の中にある「にがり」が逃げてしまうのです。

この「にがり」が、摂りすぎた塩分を体外へ排出してくれるんですね。

塩化ナトリウムだけだと排出は出来ません。これによって血圧が高くなったりするわけですね。

塩はしっかりと見極めていく必要がありそうです。

塩分摂りすぎたら病気になるって?

photo-1457556675483-024ebaa3adb7

塩分を摂りすぎたら病気になるぞ〜と私も小さい頃に言われてきました。

今巷では塩分を摂りすぎることでどのような症状が出ると言われていつのかまとめてみました。

塩分摂りすぎたら頭痛に?

塩分を摂りすぎることで、血中の濃度が非常に濃くなって、血管の収縮を招き、その結果頭痛に繋がるというのが塩分と頭痛の関係らしいです。

ただこれは、やはり「食塩を過剰に摂った場合」です。

よくここで挙げられるのがラーメンやステーキ等の塩っ気のある食べ物。

外食ではまだまだそのコスト故に食塩を使っているところが多数でしょう。

そういった意味で、外食が多い人は頭痛になりやすいかもしれませんね。

塩分の摂りすぎで頭痛になる場合は、カリウムの摂取で軽減するという関連もあります。

海のものを摂って頭痛が軽減する場合は、「あ、私は塩分(食塩)を摂りすぎていたんだな)」と考えると良いと思います。

塩分摂りすぎたら太る?

食塩を摂りすぎると、腎臓が体内に水を溜め、その濃度を薄めようと働いてくれます。

その溜め込みがむくみや体重の増加に繋がったりするのですね。

これも精製塩をできるだけ避け、天然塩の摂取を心がけ、海のものを積極的に摂ることで解決に向かうかと思います。

それでも体重の増加が変わらない場合はただ単に「太った」だけでしょう。塩のせいにしないでください。自己管理不足です。

塩分摂りすぎたらむくみに?

これも上と同じく腎臓の働きによるもの。ということは解決策も同じことです。

また、それと共に腎臓の働きを良くするストレッチを併用することでより効果を上げることが出来ます。

腎臓、そして腎臓と関わりのある膀胱の経絡をストレッチしていくことです。

この二つの臓器の経絡は身体の裏側を主に通ります。

そこで、「長座体前屈」をすることで改善を図ります。

長座体前屈 ストレッチ

裏側が全て伸びるよう、膝は伸ばして、つま先は天井に向けていきましょう。

長座体前屈 ストレッチ

このように膝が曲がってしまっては効果がありません。

塩分摂りすぎたら下痢に?

体内の塩分濃度が高いままだと、汗や尿からの排出では間に合わなくなります。

そこで身体は過剰な塩分を便として排出するわけです。

もちろん下痢の原因は塩分の摂りすぎだけではありませんが、この塩分の取り過ぎからの原因の場合には、やはり生活習慣を見直すことが大切です。

上記のまとめで言うと

・普段から精製塩(食塩)の摂取を避け、塩分は天然塩で補給する。

・腎臓・膀胱の働きの活性化のために、長座体前屈をする

・海産物を積極的に摂取する

これらを習慣として身につけることで「塩分(食塩)過多」の症状は改善していくことでしょう。

塩分摂りすぎたら水分とカリウムを摂取すれば大丈夫?

塩分を摂りすぎた場合は、体内の塩分濃度を下げていく必要がありますね。そのために必要なのがカリウムです。そして元々自然のお塩に入っている「にがり」も必要。

ですので、例えば

・天然塩のお塩をひとつまみいれたお水を日常的に摂取する

・海産物を積極的に摂取する

等の意識が必要です。

あとは汗をかいて一旦身体の中にあるものを出すのも有効かと思います。

塩分を積極的に摂ることは被爆の被害をも防ぐ

 

有名な秋月辰一郎医師は、「食塩、ナトリウムイオンは造血細胞に賦活力を与えるもの、砂糖は造血細胞毒素。玄米飯に塩をつけて握るんだ。からい濃いみそ汁を毎日食べるんだ。砂糖は絶対いかんぞ!砂糖は血液を破壊する」と述べています。

自らが虚弱体質であり、原爆被爆の被害者である秋月医師はその健康の鍵を塩と味噌においています。

 

食塩と天然塩の違いとは?

photo-1449792893722-936641bb3309

ここで言っている塩分とはすなわち「食塩」のことなのですが、食塩と天然塩の違いとは何でしょう?

食塩とは、塩化ナトリウム99%以上で粒度600~150μm80%以上の食用の塩の事を指します。

製造方法としては、海水をイオン交換膜法という方法で濃縮して濃縮塩水と言われる、ナトリウムイオンと塩素イオンの濃度の高い電解質の溶液を作り、それを釜焚きで煮詰めて水分を蒸発させ結晶化させると完成です。

一方天然塩とは、塩化ナトリウム以外にも、マグネシウムやカルシウム、鉄分やカリウム、炭酸カルシウム、亜鉛等のミネラルが含まれています。

このミネラルが、摂りすぎた塩分を体外へ排出してくれるんですね。

作り方としては、海水や濃度の濃い塩水を入浜式塩田、揚浜式塩田、流条下式塩田等でかん水を取り出し、平釜の中で塩へと成っていきます。

参考→奥能登塩田村・揚浜式製塩の塩づくり

そもそも”減塩で健康”って本当?

study

NHKで特集が組まれるくらいの「減塩ブーム」ですが、ちょっと待ったと言いたいです。

シンプルな話ですが「体がしょっぱいものを欲する」ということは、それだけ塩っ気というのは私たちの体に必要である、ということですよね。

減塩したはいいものの、しょっぱいものが食べたくなるというのは「足りないですよ〜」という身体からのメッセージに他なりません。

塩分の摂取量が少なくなると、まず血流が弱くなります。ということは、各器官に栄養がいかなくなるので、身体としては「このままではマズイ!」となるわけですね。

すると、全身の器官への血流を管理している血中ホルモン濃度というものが上昇してきます。

この状態が続くと障害が出るのは循環器系です。

世界中の医療研究においても、1日当たり2800ミリグラム未満の塩分しか摂らないという人は、循環器系疾患の発病や死亡リスクがものすごく高くなるということが分かっています。

英国政府はこの10年間で食品に含まれる塩分の減量に成功した。だが、国民の塩分摂取量は過去数十年間の研究で確立された通常の範囲内に収まっている。換言すれば、脳の神経ネットワークが塩分摂取量を仕切っている状況に変わりないということだ。(THE WALL STREET JOURNALより)

結局、ある一定量塩分は必要であるということ。であるならば、しっかりとした塩を選びたいですね。

大阪の医師であり、数々の奇病・難病を治癒させてきた三木先生は血液に関する長い研究の末、「人間は、その血液成分と血管の状態で健康の全てが左右される」という結論に至ったとか。

そして、

日本の塩は、塩化ナトリウムがほとんど100%に近いもので、これを食塩と呼んでいるわけや。この取りすぎが命取りになるわけや。これは、ぎょうさん取ったらあかんねん。塩は自然のものでないとあかんのや。ミネラルを含む自然「海塩」100%を水に溶かして飲むのや。人間は海の生物の3分の一の塩分がないとやっていけない。食塩ではありませんよ。自然海塩ですよ。これは取りすぎても最後は外に出ます。
日本は、安くて外国の塩と値段の点で太刀打ちできるものとして”食塩”を生み出した。天の恵みは消え、薬品としての塩化ナトリウムだけの塩が、それだけが塩といえるものとして登場してきたのだ。(「日本の塩について」:
”糖尿病からの生還”及び”癌からの生還”からの抜粋)

本来、自然のものだったら自然と循環するはずなのです。塩を選ぶときは注意したいものですね。

身体の声を聴くことを忘れた私たち

photo-1445357715217-0b01ff0a17cf

ただ、この記事をみて「じゃあ天然塩を取りまくれば良いのだ!」と塩を摂取しすぎる方がたまにいます。

もちろん、精製されたお塩よりは良いですが、それでも「過剰」はダメです。

昔、中国の皇帝は、ひとつまみの塩を舐め、自分の体調を見極めたそうです。

現代の私たちは、何でも他人に頼って基準を決めています。健康診断の数値で健康・不健康を決めたりもその一つでしょう。

例えば、コレステロールの増加が見られた場合、何を感じますか?

「コレステロールの値が増えた!痩せなきゃ!」となりますか?

そうではなくて、「どうしてコレステロールが増えたのか」に注目しなければ、解決にはならないですよね。

コレステロールは、血管の修復をしてくれる大切な栄養素です。

ということは、コレステロールが増えた=血管が傷ついているということです。

すると、「痩せる」とは全く関係が無いことが分かります。

このように、自分の身体の状況をしっかりと見極められないと、「情報に惑わされる」ことになります。

まずは塩を毎朝ひと舐めしてみて、味の違いを感じてみては?

塩分摂り過ぎと言われたあなた。今日から健康塩生活を始めてみませんか。

痩せたい・美しいカラダを手に入れたい・骨盤の歪みや姿勢を治したい・身体の痛みを取りたい、そんな悩み・要望をお持ちの方は「渋谷のパーソナルトレーニングジム ととのえて、からだ。」へ!パーソナルトレーニングの詳しい内容はコチラ「ととのえて、からだ。のパーソナルトレーニングについて

ととのえてからだの渋谷パーソナルトレーニングについて

 - 健康

渋谷のパーソナルトレーニングについて