渋谷のパーソナルトレーニングジムととのえて、からだ。

渋谷区パーソナルトレーニング専門プライベートジムのトレーナー

ビタミン不足になると出る症状や病気って?食事で改善する簡単なポイントは?

      2016/04/10

photo-1444318226545-dfd6106d7ec4

ビタミン不足による症状は様々あります。

口内炎やニキビ等、皮膚・粘膜や肌に表れたり、つわり等の女性特有の症状であったり。

「5大欠乏症」という病気として表れたり。

その他にも、現代では様々な「ビタミン不足による症状」が明らかになっています。

その詳細を紹介すると共に、日々の食事の簡単なポイントを解説しています。

ビタミン不足について詳しくなりましょう。

ビタミン不足になるとどうなるの?症状を見てみよう。

children-1149671_1920

ビタミン不足は、様々な症状の引き金になります。

まずはこの症状を知ることで「今自分に起きている症状はビタミン不足なのかどうなのか」ということが分かりますね。

ということでビタミン不足による代表的な症状を確認していきましょう。

口内炎

smile-122705_1920

口内炎に関連すると言われているのが「ビタミンB2」です。

これは私たちの皮膚や粘膜の健康を守るのに必要なビタミン。

食物から摂った脂質をエネルギーに変え、そのエネルギーを皮膚や粘膜の成長に使います。

皮膚や粘膜の細胞の再生が上手に行かないと、炎症が起こりやすい状態が続くということになります。

ビタミンB群を中心に栄養を補給していくことが大切です。

ニキビ

girl-863120_1920

これも口内炎同様、ビタミンB2不足によって、皮膚の再生が上手に行かずに、炎症を起こしやすい状態になっていることが原因かも。

また、ビタミンB6も、いわゆる「ターンオーバー」を促してくれる栄養素。これが不足することでターンオーバーが上手に行かないので、「古いままの肌」になってしまうということですね。

そしてこのターンオーバーのサイクルを正常にしてくれるのが「ビタミンA」です。

そして最後に、抗酸化作用の強い「ビタミンC」。私たちの身体は実に様々な栄養素によって支えられているんですね。

頭痛

ストレスで頭痛になるとはよく聞く話ですよね。

ストレスに対抗しやすくするには、神経系の働きを整えていくことが大切なポイントのひとつになります。

頭痛に関連するビタミンは「ビタミンB群」「ビタミンE」等と言われています。

ビタミンB1の中でも例えば、ビタミンB1は神経系の働きを安定させる働きがあります。そしてB2はセロトニンという物質の代謝に必要です。

神経系の働きが正常化されれば、ストレスにも対抗しやすくなりますので、それが原因で頭痛になっている方にとってはビタミンが良い薬となるかもしれませんね。

つわりがひどくなる

young-woman-1149643_1920

ビタミンだけの話ではありませんが、つわりに関わる栄養素のひとつとして「ビタミンB6」があります。

参考→ビタミンB6が豊富な食品は?効果・効能は?亜鉛やマグネシウムとの関連は?

この記事にも書いてある通り、ビタミンB6は「エストロゲン」という女性ホルモンの代謝に関係します。

このホルモンが崩れることで女性特有の症状が出てくるのです。

それがこのビタミンB6の不足から表れることもあるということですね。

唇の荒れ

smile-191626_1920

ビタミンB群が不足すると、お肌や粘膜を正常に保つことが難しくなります。

参考→ビタミンB群の効果って?不足すると?食品で摂るには?

唇も立派な皮膚のひとつです。

ただ唇に関しては、私の見解からすると大体「食べ過ぎ」から起こります。

唇は「脾・胃」の経絡と関わるんです。

食べ過ぎが続いている、ストレス発散を「食事」で行っている、甘いものが止められないという人はビタミン不足よりもこちらを疑うと良いかも。

ビタミン不足は病気も引き起こす?

woman-1149475_1920

最初に述べた「5代ビタミン欠乏症」というのがあります。

これは一体どういう病気なのでしょうか?

脚気(かっけ)

これはビタミンB1の不足によって起こると言われています。

全身の倦怠感や食欲不振、足のむくみやしびれ等の症状が表れます。

昔はこの脚気で死者が出るほどでした。

インスタント食品ばかりで暮らしている人はこの脚気になる可能性が高いようです。

ペラグラ

ナイアシンの不足で起こります。

なんだか聞きなれない言葉ですが、ペラグラとは「荒れた皮膚」という意味です。

皮膚炎や神経障害を起こすのが特徴です。これが悪化すると胃腸障害や精神障害にまで発展してしまいます。

壊血病

ビタミンCの不足で起こります。

身体の中の様々な部分で出血性の障害が生じる疾患です。

歯茎や皮膚からの出血、体重がいきなり減る、免疫力が低下してくる等の症状が見られます。

くる病

ビタミンDの不足で起こります。

ビタミンDというのは、健康的な骨を維持するのに必要な栄養素です。

それが不足するということは、成長期の子供の骨が石灰化を起こします。

石灰化が起こると、骨にトゲができ、神経を直撃したりします。すると、腕のしびれやめまい等の症状が出たりします。

子供の場合だと、低身長や肋骨のこぶといった症状につながります。

悪性貧血

ビタミンB12の不足で起こる病気です。

血液中の赤血球が正常な成長をせずに、大きさだけが異常になってしまう病気です。

症状としては、舌の痛みや萎縮性胃炎、知覚障害も出てきます。

ビタミン不足はサプリではなく食事で改善!

photo-1454471560658-abce7ddba75c

いろんなページで、ビタミン不足のことを説明したところでサプリの紹介をしているページを見かけますが、ちょっと待ってください。

・サプリによって「過剰」な状態になって結局体調を崩す

・サプリは腎臓や肝臓に多大なダメージを与えるということ

上記のリスクがあってもサプリで摂りますか?と、サプリを摂ろうとしている人には問いを投げかけたいと思います。

そもそも、日頃インスタント食品や簡単なものだけと言った食事を続けなければビタミンの不足になるということはまずありえません。

ということで、しっかりと日々の食事で補っていきましょう。

ビタミン不足を補うオススメな食べ物は?

ビタミン不足を補うために明日からでも摂りたいおすすめな食材をいくつか紹介したいと思います。

お手軽な食材としては

・ナッツ類

・りんご等の果物類

・お肉やお魚等の主菜

ですかね。

何も全部の食事を変えることはなくて、例えば

・朝食にりんごを食べる・もしくはいつもの食卓にプラスする

・おやつにチョコレートではなくてナッツ類を食べる

・お肉やお魚は「悪」ではない。積極的に摂ってみる。

といった少しの工夫で結構です。これなら出来そうですよね。

ビタミン不足を補うオススメな飲み物は?

もちろん手軽な補給として100%のフルーツ系のジュースも良いですが、様々なスムージーなどはいかがですか?

ととのえて、ごはん。

a0002_011723_m

以上ビタミン不足について紹介をしてきました。

ビタミンはチームで働きます。

どれか単体で摂ったとしてもなかなか働かないことがあります。

だからこそ、日々の食事をととのえていく必要があります。

忙しい毎日だからこそ、食事くらいはちゃんとする。

健康な身体が無いと、公私ともに楽しむことは出来ません。

その自分の身体を壊さないためにも、日々の英気を、食事で養って参りましょう。

痩せたい・美しいカラダを手に入れたい・骨盤の歪みや姿勢を治したい・身体の痛みを取りたい、そんな悩み・要望をお持ちの方は「渋谷のパーソナルトレーニングジム ととのえて、からだ。」へ!パーソナルトレーニングの詳しい内容はコチラ「ととのえて、からだ。のパーソナルトレーニングについて

ととのえてからだの渋谷パーソナルトレーニングについて

 - 美容 , ,

渋谷のパーソナルトレーニングについて