渋谷パーソナルトレーニングのプライベートジムととのえて、からだ。

渋谷区パーソナルトレーニング専門プライベートジムのトレーナー

スープダイエットって効果あるの?上手に活用すると”体重”は減ります

   

数あるダイエット法の中にスープダイエットというものがあります。

その中でもとりわけ注目を浴びた「脂肪燃焼スープダイエット」というものがあります。

このダイエット方法は、そもそも外科の手術をする際に太りすぎていると手術が困難なため、短期間で体重を落とすために作られたと言われています。

1週間決められたスープと食事方法をとるというものですが、うまくできると1週間でなんと5~8kgも体重を減らすことができるらしいのです。

しかし、このダイエット法についてどこで作られて、ちゃんとした効果が実証されたものなのかを調べてみましたが、確実な証拠は見つけることができませんでした。

この記事では、この脂肪燃焼スープダイエットが本当にダイエットの効果的なのか、またどのように行えば良いのかなど解説します。

脂肪燃焼スープダイエットって効果あるの?

脂肪燃焼スープはダイエットに効果的なのでしょうか。

脂肪燃焼スープの効果、メリットとデメリットを確認しましょう。

痩せる可能性は高い

脂肪燃焼スープは、糖質を多く含む野菜は使用せず、味付けにも糖質や脂質が含むものを使用しないため、量に対してのカロリーがとても低く、食事の代わりに食べることで短期間で痩せることが可能だと思われます。

しかし、これは一時的な効果にすぎません。

それでは、脂肪燃焼スープダイエットの詳しいメリットとデメリットを確認しましょう。

脂肪燃焼スープダイエットのメリット

脂肪燃焼スープダイエットのメリットから解説します。

食物繊維を多く摂れるので、便通の改善が期待できる

脂肪燃焼スープは多くの野菜を使用して作るため、食物繊維をたくさん摂取することができます。

食物繊維を摂取することで、腸内環境が整い、便通などの改善が期待できます。

満腹感が得られるのでストレスを感じにくい

脂肪燃焼スープは具沢山なので、食べた満足感を得ることができます。

ダイエット中は食事を満足に食べれないことがあり、それをとてもストレスに感じてしまう人に、このスープは良いでしょう。

ダイエットに必要なビタミンやミネラルを摂取することができる

このスープは多くの野菜を使用して作るため、ビタミンやミネラルも多く摂取するとこができます。

ビタミンやミネラルは、体調や代謝を維持するために必要な栄養素なので、十分に摂取することで、ダイエットをスムーズにできる効果が期待できます。

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

脂肪燃焼スープダイエットのデメリットを解説します。

スープだけではカロリーが低く代謝が落ちやすい

このスープは野菜が中心のスープのため、ビタミンやミネラル、食物繊維といった微量栄養素は摂取することはできますが、三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)が少なくカロリーが低いので、このスープだけでは栄養が足りません。

長期間、スープだけでダイエットをしてしまうと、栄養不足から代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体になってしまう可能性があります。

このダイエット法は繰り返し行うことができると言及されていますが、長期間行うのには向いているとは言えません。

ルールをしっかりと守る必要がある

後述しますが、脂肪燃焼スープダイエットには、健康に害さずおこなうためのルールがあります。

できるだけそのルールを守る必要があるため、ルールを読み自分のライフスタイルに合わなければ、実施するのが難しいというデメリットがあります。

終わった後にリバウンドしやすい

脂肪燃焼スープダイエットを行うと、体重はガクッと減る可能性がありますが、代謝も落ちてしまう可能性があります。

代謝が落ちている状態で、スープダイエットを終え、食事をいつも通りに戻してしまうと、体重が一気に戻りリバウンドしてしまいます。

それだけでなく、代謝が落ちている分、スープダイエットをする前よりも体重が増えやすくなってしまう場合もあります。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットのメリット、デメリットを確認した上で、やってみたいと思った方はやり方を確認してみましょう。

脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープの作り方から紹介します。

用意する材料は、

・玉ねぎ(大) 3個

・ピーマン 1個

・セロリ(大きめ)1本

・キャベツ(大)半個

・ホールトマト 1缶

・チキンスープの素 1個

です。

作り方は、野菜と食べやすい大きさにカットし、ホールトマトとチキンスープの素と一緒に大きめの鍋に入れ、材料がひたひたになるくらいまで水を入れ、10分ほど煮るだけです。

煮る時間は、具材の火の通り具合でお好みで調整してください。

塩、こしょう、カレーパウダーなど、糖質や脂質を多く含まない調味料で味付けをしても問題ないようです。

脂肪燃焼スープダイエットの進め方

脂肪燃料スープダイエットは、7日間続けて行います。

・1日目

バナナ以外の果物とスープだけで過ごします。

水分は、水か甘味料の入っていない果物ジュースで摂取します。

・2日目

スープと野菜のみを食べます。

野菜は生でも火を通しても良いですが、油は使用しません。

1日頑張れた場合には、ベイクドポテトを食べても良いようですが、果物は食べてはいけません。

・3日目

スープと果物、野菜を食べて良いです。この日はベイクドポテトは食べてはいけません。

うまくいけばこの時点で2~3kgの減量に成功しているようです。

・4日目

スープとバナナを食べても良い日です。

バナナ3本とスキムミルク(無脂肪牛乳)500mlと水をたくさん飲みましょう。

・5日目

お肉とトマトを食べる日です。

スープは最低1杯はのみ、赤身のお肉350~700g(鶏肉や煮魚でも良い)とトマト(最大6個まで)を食べましょう。

水を飲むのも忘れずにしましょう。

・6日目

お肉と野菜の日です。

スープは最低1杯のみ、お肉と野菜を好きなだけ食べても良いようです。

ただし、ベイクドポテトは食べてはいけません。

・7日目

玄米を食べる日です。

玄米、野菜と最低1杯のスープと甘味料が入っていない果物ジュースを飲みましょう。

ここまで7日間、指示通り行うと5~8kgの減量に成功しているようです。

目標に体重になるまで何回も繰り返すことが可能とされています。

脂肪燃焼スープダイエットのルール・注意点

脂肪燃焼スープダイエットそ行なっている期間中には、禁止事項があります。

このルールを守らないと、効果が出にくくなってしまう可能性があるため、できるだけ守るようにしましょう。

1、お酒は飲まない(脂肪の排出を妨げてしまうため)

2、アルコールを飲んでしまっている場合は、24時間経ってから時間経ってから初めてください

3、飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、スキムミルク(無脂肪)のみ

4、炭酸飲料は飲まない(ダイエットコーラもだめ)

5、揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない

6、砂糖や人工甘味料などの甘味料は摂らない

7、このダイエットでは、お肉をとる事がありますが、代わりに茹でるか焼いた鶏肉(皮を取り除いたもの)でも良い。また牛肉の代わりに煮魚でも構わない。

以上の4つになります。

特に、飲み物、甘味料についての禁止事項が多いため、アルコール、甘いものは期間中は我慢しましょう。

脂肪燃焼スープダイエットを実際に行なったブログをご紹介

脂肪燃焼スープダイエットを行なったブログを紹介します。

ブログを確認して、どんなメニューでどれくらい食べて、どれくらいダイエットできたのかの参考にしてみましょう。

メシ通

通常の脂肪燃焼スープを基本に、脂肪燃焼に効果的と言われているココナッツオイルをプラスしてダイエットを行なっています。

貯金なしアラサーOLが30歳までに結婚式するためのブログ

http://www.kon-katsu-30.com/entry/2018/02/24/194455

女性が脂肪燃焼スープダイエットを行なっているブログになります。

画像などが多く非常にわかりやすくなっています。

アクティブな人見知り

スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットのように、決められた材料や進め方ではなく、オリジナルのスープでダイエットをするやり方を紹介します。

脂肪燃焼スープダイエット異なり、決められた材料ではないため、自分でダイエットできるように材料や量を調整する必要がありますが、普通の食事を食べながらダイエットができるメリットがあります。

脂肪燃焼スープダイエット同様に、作り置きができるメリットもあります。

基本は置き換えダイエットと同じ

スープダイエットは、普段の食事に、ただスープを足すだけでは栄養を摂りすぎてしまう可能性があるため、3食のうち1食をスープに置き換えることが多いです。

特に、夜に置き換えるのがおすすめです。

夜は、栄養を摂りすぎてしまうと体脂肪として蓄積しやすいため、低カロリーでボリュームがあるスープを夕食の代わりに食べるようにしましょう。

スープダイエットを成功させるためのポイント

スープダイエットを成功させるためのポイントを解説します。

継続が可能なレシピにする

ある程度の効果を実感するためには、一定の期間継続する必要があります。

そのため、作りやすい、食べやすい、コストがかからないなど、継続しやすいレシピのスープを作るのがおすすめです。

最低限の栄養は摂取する

先ほど紹介した脂肪燃焼スープダイエットは、急激に体重を落とすために考えられたダイエット法のため、栄養に偏りがありリバウンドする可能性が高いです。

リバウンドをしづらくするためには、スープで最低限の栄養を摂取し代謝を落とさないことが重要です。

そのために、タンパク質がしっかりと摂れるようなスープを作るようしましょう。

スープ以外の食事も気をるける

3食のうち1食をスープに置き換えたとしても、その他の2食でカロリーを摂り過ぎていたらダイエットを成功させることはできません。

スープ以外の食事でも、脂質を抑え、カロリーを摂り過ぎないように注意しましょう。

スープダイエットのおすすめのレシピをご紹介

スープダイエットをするのにおすすめのレシピを紹介します。

スープダイエットというと、野菜ばかりのスープになりがちですが、必ずタンパク質を豊富に含む食材、お肉、お魚、卵、大豆製品などを入れるようにしましょう。

ダイエットに!キャベツと鶏胸肉のスープ

レシピ詳細:https://cookpad.com/recipe/3610304

高タンパク、低脂質な鶏胸肉を使ったレシピです。

簡単絶品!鯖とわかめのスープ♪ダイエット

レシピ詳細:https://cookpad.com/recipe/5590164

こちらは鯖缶を使ったスープのレシピです。

鯖は高タンパク質で、DHAやEPAなどのダイエットに効果的な脂質も多く含みます。

1日の食事で、脂質をあまり摂れていない日などにオススメのレシピです。

節約and時短!もやしと卵のスープ

レシピ詳細:https://cookpad.com/recipe/4128038

非常に簡単に作れるレシピです。

卵はタンパク質が豊富な食材で、ビタミンやミネラルも多く含みます。

脂肪燃焼スープダイエットはどうしても短期間で痩せたい時だけ、基本はしっかり栄養が入ったスープを食べよう

脂肪燃焼スープダイエットは、短期間で痩せることが目的のため、栄養がとても少なくリバウンドしやすいダイエット法なので、どうしても短期間で痩せないといけない時があれば、チャレンジをしてみるくらいで考えておきましょう。

もしスープを使ったダイエットを行うのであれば、リバウンドのリスクを避けるためには、極端な食事制限ではなく、最低限の栄養が入ったスープを食べるようするのがおすすめです。

痩せたい・美しいカラダを手に入れたい・骨盤の歪みや姿勢を治したい・身体の痛みを取りたい、そんな悩み・要望をお持ちの方は「渋谷のパーソナルトレーニングジム ととのえて、からだ。」へ!パーソナルトレーニングの詳しい内容はコチラ「ととのえて、からだ。のパーソナルトレーニングについて

ととのえてからだの渋谷パーソナルトレーニングについて

 - ダイエット

渋谷のパーソナルトレーニングについて