渋谷パーソナルトレーニングのプライベートジムととのえて、からだ。

渋谷区パーソナルトレーニング専門プライベートジムのトレーナー

ダイエット中のアイスって良いの?アイスダイエットって痩せる?

   

アイスは甘いので糖質が多そう。

ミルキーなものは牛乳をたくさん使っているから脂質も多そう。

ダイエット中はアイスは我慢しないといけないけど、どうしても食べたい。

そんな方のために、この記事では、ダイエット中にアイスを食べて大丈夫なのか、食べるとしたらどんな種類のアイスをどんなタイミングで食べたら良いかを解説します。

ダイエット中にアイスは食べて大丈夫?

「ダイエット中に、アイスなんて甘くて美味しいもの食べて良いのか」と思う方がほとんどだと思います。

もちろん、食べるのと食べないのとでは、ダイエットという点に関していえば食べない方が良いでしょう。

しかし、アイスの種類や食べるタイミングをちゃんと考えれば、アイスを食べても大丈夫です。

ダイエット中に罪悪感なくアイスを食べれるようにするためにも、アイスの基本知識を確認しましょう。

ダイエット中に食べるアイスは種類を確認しよう。

実は、あまり知られていのがアイスの種類です。

アイスには4つの種類があり、それぞれに明確な基準があり分かれています。

この種類によって、ダイエットに向いているのか向いていないのかを確認することができるので、覚えておくと便利です。

商品のパッケージの裏にも必ず書いてあるので、確認してみましょう。

アイスクリーム

アイスクリームは、アイスの中で一番乳脂肪分を含んでいる商品です。

具体的には、乳固形分15.0%以上うち乳脂肪分8.0%のものがアイスクリームにあたります。

アイスミルク

アイスミルクは、アイスクリームの次に乳脂肪分を含んでいる商品です。

乳固形分10.0%以上うち乳脂肪分3.0%以上のものがアイスミルクにあたります。

ラクトアイス

ラクトアイスは乳脂肪分が低いアイスです。

乳固形分3%以上のものがラクトアイスにあたります。

氷菓

乳固形分がほとんどないのが氷菓です。

果汁を使ったアイスキャンディーやかき氷のような商品がこれにあたります。

どうしてもダイエット中にアイスが食べたい時は、どの種類のアイスの選べばいい?

どうしても甘いものが食べなくなってしまって、アイスを食べる時は、上の4種類の中でどの種類のアイスを選べば良いのでしょうか。

ダイエット中にアイスを食べるなら氷菓がおすすめ

氷菓は乳固形分をほとんど含まないため、アイスの中でも低脂肪で低カロリーでダイエットには一番おすすめです。

もちろん、氷菓であっても食べ過ぎには注意が必要です。

どうしても氷菓以外を食べたい時は、栄養成分を確認しよう

「氷菓はかき氷やシャーベットのような商品が多いため、さっぱりしていてアイスを食べた気にならない」という方もいらっしゃるかもしれません。

氷菓でなくて、どうしても乳固形分が多いアイスクリームなどを食べたくなってしまった時は、パッケージ裏の栄養成分を確認しましょう。

栄養成分にはカロリー、そして炭水化物、脂質、タンパク質など栄養がどれくらい入っているかが書いてあります。

確認した結果、炭水化物と脂質が高く、他と比べてカロリーが高い商品は避けるようにしましょう。

ところが、たまに栄養成分やカロリーの表示がない商品もあります。

こういった商品は似ているものから推測するか、わからない場合には避けるようにしましょう。

食べるタイミングにも注意!

アイスを食べる時は、いつ食べるのかも注意が必要です。

例えば、食後に「別腹だ〜!」とアイスを食べてしまっては、余分な栄養として体脂肪に変換される可能性は高くなってしまいます。

それでは、どのタイミングで食べれば良いのか確認しましょう。

夜に食べるのは太りやすい

食後と同じく、夜に食べるのも太ってしまう可能性が高いタイミングです。

夜は体が省エネモードに切り替わり、食べた物が体脂肪として蓄積しやすくなっています。

また、体脂肪は運動している間だけでなく、夜寝ている間にも消費されます。

しかし、夜にアイス(食事も同じ)を食べてしまうと、体に溜まった体脂肪ではなく食べた物を優先的に消費してしまうため、寝ている間に体脂肪を消費しづらくなってしまうので注意しましょう。

食べるなら朝やおやつの時間がおすすめ

アイスを食べるタイミングとして良いのは、朝、朝食を少し減らして食べるか、3時のおやつのように間食で食べるのがおすすめです。

どちらの場合も理由は同じで、アイスを食べた分のカロリーをその後で消費できる可能性が高いからです。

満腹の状態や食後1〜2時間では、まだまだお腹の中に食べたものが残っていて、このタイミングでアイスを食べてしまうと、余分なエネルギーになってしまうため、脂肪として蓄えられてしまいます。

朝食の時はお腹は空腹ですし、間食の時もお腹は満腹ではありません。

そして、アイスを食べた朝食後、間食後は、お仕事や家事などで活動することが多いため、アイスで摂取したエネルギーは消費される可能性が高いです。

この食べ方考え方は、おやつやその他スイーツを食べる時も同じですので、何かおやつを食べたいと思った時、今食べると脂肪になるか、消費されるかを考えて食べることが重要です。

炭水化物抜きダイエット中にアイスはあり?

炭水化物抜きダイエット中にアイスを食べる場合には、栄養成分を確認する必要があります。

炭水化物を抜いているわけですから、栄養成分に炭水化物が含まれている物はこのダイエットには向きません。

氷菓などは甘味料などを使い、糖質がほとんど入っていない商品もあるため、こういった商品で我慢しましょう。

アイスクリームダイエットってなに?

巷にはアイスクリームダイエットと言って、アイスクリームを食べながら行うダイエットがあるようなので紹介します。

アイスクリームは、そもそもあまりたくさんの量を食べないので、カロリーも質量も普通の食事に比べたら低いです。

そのため、これから紹介するアイスクリームダイエットを行えば、体重は落ちると思います。

しかし、継続することは難しいので、どうしてもアイスを食べたい時の食べ方の一つとして考えると良いでしょう。

それでは、実際のアイスクリームダイエットやり方を紹介します。

アイスクリームダイエットのやり方は?

アイスクリームダイエットのやり方は、朝ごはんの代わりにアイスクリームを食べるだけです。

朝食べることと、アイスクリームであることが重要です。

朝食べる理由は、先述した通りエネルギーに変換され消費できるからです。

アイスミルクや氷菓ではなくアイスクリームである理由は、乳脂肪分が高いからです。

ダイエット中途とはいえ、脂質は体を健康に保つためには必要な栄養素です。

朝ごはんを他のアイスに置き換えてしまった場合、脂質が足らなくなってしまう場合があるので乳脂肪分が12%以上のアイスクリームが推奨されています。

アイスクリームダイエットで失敗しないポイントは?

フレーバーはなんでも良いわけではありません。

チョコレートなどが入っていると、どうしても糖質や脂質が多くなってしまいがちになってしまうので、バニラやミルクなどのシンプルなアイスクリームが推奨されています。

また、量も食べ過ぎてはいけません。

量は100g前後、小さめのカップ1つ分くらいを目安に食べるようにしましょう。

ダイエット中にコンビニで買えるアイスのおすすめは?

コンビニで買えるアイスの中で、特におすすめのアイスをご紹介します。

やはり乳固形分が少なくカロリーが低い氷菓がおすすめですが、最近では、乳固形分が低く、カロリーを抑えているラクトアイスでもアイスクリームのような食べ応えがある商品もあります。

sunao

画像参照元:glico

カップアイスの他にもソフトクリームのタイプもあり、全て1食80kcalと低カロリーです。

栄養成分は

80kcal タンパク質2.7g 脂質4.1g 糖質7.6g

で、ラクトアイスですが、より高脂質なアイスクリームを食べているような満足感を得ることができるのでおすすめです。

アイスボックス

画像参照元:森永製菓

栄養成分は

13kcal タンパク質0g 脂質0g 炭水化物3.2g

と、非常に低カロリーでダイエットにはとても向いています。

今年の夏は、糖質も少なくカロリーも非常に少ないことからダイエットされる方がたくさん購入され、製造が間に合わず、販売一時休止になった人気の商品です。

果汁が多く使用されている期間限定のフレーバーもあります。

こちらは果汁が多く含まれている分、やや炭水化物が多いですがそれでも低カロリーなものが多い印象です。

アイスの実

画像参照元:glico

栄養成分は

111kcal タンパク質0.6g 脂質1.2g 炭水化物24.4g

と、今までの商品に比べると炭水化物多いですがカロリーは同じく低めです。

アイスボックスより果汁が多く入っており、ジューシーな感じがあります。

糖質を抑えたい場合にはsunao、脂質を抑えたい場合にはアイスの実、どちらも抑えたい場合はアイスボックスと食べ分けるといいでしょう。

ダイエット中に食べれるアイスの作り方やレシピをご紹介

1、簡単!豆腐ヨーグルトアイス

簡単!豆腐ヨーグルトアイス画像参照元:cookpad

ヨーグルトと絹ごし豆腐、お好みのジャムで作れるアイスです。

ヨーグルトを無脂肪乳に、ジャムの量を少なくすることでよりダイエットに向いているアイスにアレンジすることもできます。

2、ダイエットの味方☆バニラアイス

ダイエットの味方☆バニラアイス

画像参照元:cookpad

甘味料としてパルスイートを使うことで、糖質を抑えることができます。

バニラアイスが食べたい時におすすめのレシピです。

3、プロテインアイス

画像参照元:if-plant

お好みのプロテインを牛乳や豆乳で溶かして、型に入れて凍らせるだけです。

非常に高タンパク質低脂質低糖質なアイスを作ることができ、アイスを食べる感覚で不足しがちなタンパク質を摂取できるため、とてもおすすめです。

ダイエット中にアイスをどうしても食べたい時は、脂質に気をつけながら食べよう!

1日の栄養バランスを考えて食べれば、どんなアイスを食べても大丈夫ですが、不意にどうしても食べたくなって食べてしまったら、そこから栄養バランスを調整するのは難しい場合もあります。

もし食べてしまったら、自分を責めず、食べてしまったものと割り切りましょう。

そして、アイスに限らず何か食べるときは、必ず栄養成分を確認し、食べて良いのか、それとも食べない方が良いのかを考える癖をつけるように心がけましょう。

たった数秒の思考ですが、これだけであなたがダイエットに成功できる確率は高くなります。

この積み重ねがダイエット成功の秘訣なので、ぜひ取り組んでみてください。

痩せたい・美しいカラダを手に入れたい・骨盤の歪みや姿勢を治したい・身体の痛みを取りたい、そんな悩み・要望をお持ちの方は「渋谷のパーソナルトレーニングジム ととのえて、からだ。」へ!パーソナルトレーニングの詳しい内容はコチラ「ととのえて、からだ。のパーソナルトレーニングについて

ととのえてからだの渋谷パーソナルトレーニングについて

 - ダイエット

渋谷のパーソナルトレーニングについて