ダイエット

ダイエット青汁の効果はどれくらい?!置き換えにするのは危険・・・

更新日:

野菜不足が解消されて健康に良さそうとか、美容などのためにと飲まれる青汁ですが、ダイエット食品としても紹介され、様々な商品が販売されています。

野菜から作られているので、ヘルシーでなんとなく痩せられそうなイメージはありますが、実際のところ青汁を飲むと痩せることができるのでしょうか。

この記事では、青汁はダイエットに効果があるのか、あるとすればどんな効果があり、どのように飲めば良いのか解説します。

青汁を飲むことはダイエットに効果的?

青汁はダイエットに効果的なのでしょうか。

青汁の成分を確認すると、直接的に体脂肪を燃やすような成分は含まれていませんが、脂肪の燃焼をスムーズに行うためのビタミンや、腸内環境を良くする食物繊維などが含まれているため、間接的にダイエットをサポートしてくれる効果が期待できます。

それでは、青汁の主な成分を確認しましょう。

青汁の原材料を確認しよう

青汁の主な原材料は、大麦若葉、ケール、明日菜といった緑葉野菜で、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの微量栄養素を豊富に含みます。

それでは、これらの野菜に含まれる微量栄養素とそれぞれの野菜の特徴を簡単に紹介します。

まずは共通して含まれる栄養を解説します。

・食物繊維

腸を刺激し排便をスムーズにする効果、腸での栄養の吸収を緩やかにして血糖値を上げにくくする効果があります。

便秘でのぽっこりお腹の解消や、食事と一緒に摂ることで体脂肪をつけにくくする効果が期待できます。

・ビタミンB1、ビタミンB2

ビタミンB1は糖質を代謝する際に使われ、ビタミンB2はタンパク質、脂質、糖質の代謝に関わるビタミンです。

これらのビタミンが不足すると、エネルギー代謝が滞るためダイエットがうまく進まない可能性があります。

・ビタミンC

ビタミンCは美容や病気の予防、イライラなどのストレスを緩和してくれる効果があり、体内で作ることができないため、外から摂取しなければなりません。

ダイエット中は栄養が不足し、風邪をひきやすくなったり、イライラしてしまう場合もあるため、ダイエット中は積極的に摂取した方が良いでしょう。

・カリウム

カリウムは細胞の浸透圧を調整したり、血圧を調整する働きがあります。

余分な塩分や水分を排泄することで、むくみの改善が期待できます。

・カルシウム

カルシウムは骨や歯を構成する成分であり、筋肉の収縮にも関わるミネラルです。

・鉄

体中に酸素を運ぶヘモグロビンの成分になり、不足すると貧血になりやすくなったり、疲れやすく感じる場合があります。

・β-カロテン

体内でビタミンAと同じような働きをします。

肌の健康や、免疫機能の維持に関係しているビタミンです。

次に、それぞれの野菜についての解説です。

・大麦若葉

過剰に増えた体を老化させる活性酸素を無毒化してくれるSODという酵素を含み、健康維持の効果が期待できます。

その他に、ビタミンB1、ビタミンCといいったビタミン類、亜鉛やカルシウムといったミネラルを豊富に含みます。

・ケール

非常に栄養価が高く「野菜の王様」とも言われるケールです。

βカロテンやビタミンE、ビタミンCなどのビタミン、骨や歯の材料になるだけでなく、筋肉を動かすのにも必要なカルシウムやむくみ対策になるカリウムなどのミネラルを豊富に含みます。

・明日菜(アシタバ)

カルコンという明日菜特有の栄養素を含み、ガン予防の効果が期待されています。

他の二つの野菜に比べ、カリウムやビタミンB2を多く含みます。

ダイエット中に青汁を飲むメリットは?

青汁の主な原料や成分を確認したところで、ダイエット中に飲むメリットを確認しましょう。

青汁には食物繊維を多く含まれるので便秘解消に効果的

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、腸内環境を整え、腸の働きを正常に近づけてくれます。

腸の働きが正常になり、便秘や下痢などが改善されることが期待できます。

便秘気味で下腹部がぽっこりしてしまっている人は、便秘が改善されるのでウエストが細くなります。

また、便秘や下痢が改善されることで、腸の消化吸収のスムーズになり、代謝の向上も期待できます。

ただし、食物繊維は摂りすぎると便秘や下痢になってしまう場合もあるので、体調を確認しながら飲みましょう。

青汁にはダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラルを摂取することができる

ビタミンやミネラルは、健康や体調を維持するには必要なだけでなく、脂質や炭水化物の代謝にも関わる重要な栄養素です。

ダイエット中は体重を少しずつ減少させるために、摂取カロリーを体重を維持するのに必要なカロリーよりも低くしなければなりません。

摂取カロリーを少なくするために、ダイエット前よりも食べる量を少なくしたり、食べる物を変えることで、ビタミンやミネラルを十分に摂取できない可能性があります。

青汁はとても低カロリーな飲み物ですが、ビタミンやミネラルを豊富に含むので、摂取カロリーを制限しているダイエット中の栄養補給におすすめです。

ダイエット中の青汁の飲み方のポイントは?

ダイエット中に青汁を飲む場合、どのタイミングでどのように飲めば良いのでしょうか。

青汁を使った置き換えダイエットや、ダイエットに効果が出ない飲み方など解説します。

ダイエットのために青汁を飲むタイミングはいつがいいの?

ダイエットのためには、青汁はどのタイミングで摂るのが良いのでしょうか。

また、青汁を食事の代わりに飲む、置き換えダイエットの食品としては使えるのか解説します。

基本的には食事と一緒に

青汁に含まれるビタミンやミネラルの効果を活かすためには、基本的には食事と一緒に飲みましょう。

青汁は食物繊維を豊富に含むので、食前に飲むことで、いきなりご飯を食べるより血糖値が上がりにくくなります。

血糖値が上がりにくくなることで、脂肪や炭水化物の吸収を緩やかにし、体脂肪の蓄積をしづらくする効果が期待できます。

置き換えダイエットとして青汁は効果ある?

一般的な青汁は、置き換えダイエットとして青汁を利用するのはおすすめしません。

というのも、一般的な青汁は葉物野菜を粉末状にした食品のため、糖質を少し含む程度で、青汁だけでは1食に必要な栄養を摂取することができないからです。

1食を青汁のみに置き換えた場合、食べる量とカロリーが一気に減るため、体重はすぐに落ちますが、食べ物を食べないことによる水分によって減っているため、置き換えをやめてしまうとリバウンドしてしまう可能性が高いです。

それだけでなく、栄養が足りない状態が続くと、体脂肪だけでなく筋肉も分解されて減ってしまうため、代謝が落ち太りやすい体になってしまうので、とにかく早く痩せなければならない場合以外は、青汁の置き換えダイエットはやめておきましょう。

朝などに食欲がなく、朝食の代わりなど食事の代わりとして青汁を飲む場合は、足りない糖質やタンパク質を補うように、糖質はバナナなどのフルーツ、タンパク質は乳製品や豆乳、プロテインなどを混ぜて飲むようにしましょう。

ダイエット中に青汁を飲むときの注意点は?

青汁は健康補助食品ですので、たくさん飲んでも副作用ありませんが、飲めば飲むだけ効果があるわけでもありません。

飲みすぎてしまうと、食物繊維の摂りすぎで、便秘になったりお腹が緩くなってしまう場合もあるので、基本的には、商品に推奨されている量を飲むようにしましょう。

お薬を服用されている場合や内臓に疾患がある場合は、体に合わない可能性もあるため、かかりつけのお医者様に相談することをおすすめします。

ダイエットにおすすめの青汁はどれ?

ダイエット中に飲む青汁は、糖質や脂質が多く含まれていないものであれば問題ないでしょう。

とはいえ、青汁の商品はとても多いので、選び方やおすすめの商品を紹介します。

ダイエットにおすすめな青汁の選び方は?

青汁を選ぶ際には、緑葉野菜以外にどんな原材料を使っているか、飲みやすい味か、値段はどれくらいなのか、など効果と継続するために必要な情報をチェックしましょう。

原材料を確認しよう

先ほど紹介した、栄養価が高い大麦若葉、ケール、明日葉といった葉物野菜が原材料に使われているか確認しましょう。

また、腸内環境を整える期待できる乳酸菌や、脂肪と糖の吸収をするやかにし、食べたものを脂肪をして蓄積しにくくする効果が期待できる難消化性デキストリンなどのダイエットを手助けしてくれる原材料が使われているかも確認しましょう。

継続的に飲むなら味や値段もチェック

青汁は、飲んですぐにダイエットに対する効果が期待できるわけではありません。

ビタミンは一部が体内に貯蔵できず、ミネラルも体内で作ることができないので、外部から摂取し続けなければなりません。

そのため、青汁も継続的に飲んだ方が効果を期待できます。

継続的に飲むためには、飲みやすく値段がお手頃なのが良いでしょう。

特に味は、大容量のものを買ってしまうと、飲めなかった場合もったい無いので、小さい物や、お試しパックのようなもので試してから買うことをおすすめします。

ドラッグストアなど、市販の青汁でおすすめの商品をご紹介

原材料、値段、飲みやすやの口コミなどを参考に、ドラッグストアやインターネットで買うことができるおすすめの青汁を紹介します。

こだわり酵素青汁

画像参照元:hoconico

原材料として、大麦若葉、ケール、明日葉が使用されています。

また、ダイエットの手助けをしてくれる効果が期待できる難消化性デキストリンや、腸内環境を整える効果が期待できるオリゴ糖も含まれています。

難消化性デキストリンが含まれているため、間食ではなく食前や食事と一緒に飲むのがおすすめです。

銀座まるかん ゴットハートダイエット青汁

画像参照元:Amazon

原材料として、大麦若葉やケールとともにサイリウムという食物繊維が含まれています。

サイリウムはお腹の中で膨らみ満腹感を得られるだけでなく、余分な油を体外に排出効果が期待できるため、ダイエット向けの青汁です。

空腹を紛らわせる効果が期待できるので、間食で飲むのがおすすめです。

たっぷりフルーツ青汁

画像参照元:Biesty

主な原材料にクマザサ、明日葉が使われています。

様々なフルーツ果汁の粉末が一緒に入っているため飲みやすく、乳酸菌も入っているため、食物繊維とともに腸内環境を整える効果が期待できます。

フルーツ青汁はダイエットにあり?どうしても飲むづらい時はアレンジをしてみよう

フルール青汁は、葉物野菜以外にも様々なフルーツの粉末をミックスし、ジュースのように飲みやすくしてあるタイプの青汁です。

フルール青汁は、フルーツが入っていないタイプより少し炭水化物が多い程度で、1食分のカロリーもとても低カロリーなので、入っていないタイプの青汁が飲みにくい場合におすすめです。

それでも飲みにくい場合はアレンジを加えてみましょう。

はちみつ

はちみつは、甘みを出し飲みやすくするだけでなく、はちみつに含まれるオリゴ糖のおかげで腸内環境を整えて効果が期待できます。

ただし、はちみつは糖質を豊富に含むのでダイエット中は加え過ぎに注意が必要です。

乳製品・豆乳

牛乳やヨーグルト、豆乳などに混ぜて飲むことで、青汁では摂りづらいタンパク質、脂質、炭水化物を同時に摂取することができます。

はちみつ同様、飲み過ぎてしまうと逆に栄養を摂り過ぎてしまうためコップ1杯程度にしておくのが良いでしょう。

より脂質や炭水化物を少なくしたい場合には、プロテインと混ぜて飲むがおすすめです。

果物

果物に青汁をミキサーで混ぜて、オリジナルのフルーツ青汁を作る事もできます。

この場合も、果物を入れ過ぎてしまい糖質が多くなってしまうとダイエットがうまく行かなくなってしまうので注意しましょう。

青汁ダイエットの効果や痩せたブログや口コミをご紹介

実際に青汁を使ったダイエットを行った人のブログや口コミを紹介します。

ブログや口コミを参考に、自分にあった青汁の飲み方を探してみましょう。

まじまじぱーてぃー

まじまじパーてぃー

2週間、朝夜に1杯ずつ青汁を飲んだダイエットの結果が紹介されているブログです。

HAPIEE

HAPIEE

青汁ダイエットをしているブログや口コミがまとめてあるサイトです。

青汁は体脂肪を燃やすことは難しいが、ダイエットをサポートしてくれる

青汁は、体脂肪を直接燃焼させたり、体重を減らすような効果はありませんが、脂質や炭水化物の代謝をスムーズにしたり、食事の前に飲むことで体脂肪を付けにくくするなど、ダイエットをサポートする効果は期待できます。

青汁を飲むだけでは、ダイエットを成功させることはできません。

無理なくダイエットができる食事や適度な運動をした上で、青汁を飲んでより健康的にダイエットを行いましょう。

-ダイエット

Copyright© ととのえて、からだ。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.